水筒カバー「電車ファスナ赤」100センチショルダー [ 作品紹介 ]

水筒カバー「電車ファスナ赤」100センチショルダー画像1

  • 水筒カバー「電車ファスナ赤」100センチショルダー画像2
  • 水筒カバー「電車ファスナ赤」100センチショルダー画像3
  • 水筒カバー「電車ファスナ赤」100センチショルダー画像4
  • 水筒カバー「電車ファスナ赤」100センチショルダー画像5
この作品の印象は?
かわいい(0)
かっこいい(0)
すてき(3)
きれい(0)
ほしい(0)
この作品を見た人
261人

作品説明

ご覧頂きありがとうございます。
水筒カバー、ショルダー付きです。対象の水筒は500ML用です。
納期はご入金確認後2日で発送できます。
電車柄のオックス生地と帆布11号を重ねました。電車大好きな男の子向けにつくりました。振り回してもすっぽぬけないですよ。
電車は色々な種類が入っています。新幹線がところどころにあります。まんべんなく左右どちらかに新幹線がはいるようにカットしています。写真と若干違う場合もありますが全く新幹線が入ってないことはないです。
持ち手がついていて飲むときに安全です。底面はガタガタしていません。安定しています。
<500用カバーのサイズ>
高さ(縦)約28センチ。直径約7.5−センチから7.8センチ
<中の水筒のサイズ>
だいたい500ML用で一般的なサイズははいります。
直径7.1センチまで。円周22.5センチまで。高さ25.5センチまでを想定して作っています。お手持ちの水筒のサイズをよく確認してくださいますようお願いします。ペットボトル(500ml)は大丈夫です。小さい保冷剤をいれたりもしています。
<底面>
8号帆布とバリスティックナイロンという生地を重ねて強固にしてあります。
底面近くはバリスティックナイロンが厚い生地のため少しだけゆがみがあります。
ご理解いただければ幸いです。
<ショルダー>
伸び縮みの調整できます。53センチ~1M(最長)です。
肩からかけれますが、身長によっては斜め掛けはちょっとキツイです。斜め掛けがキツイ場合肩からストンとかけるようにお使いになれます。Dカンや角カンがついてるバックにも使えます。子供の手を握って両手がふさがっているとき、便利です。
水筒の重さを基準にしているのですっごく重いものには対応していません。
持ち手と違う色のショルダーをお好みであればメッセージいれてください。
<洗濯について>
洗濯機や乾燥機、脱水をしないでください。手洗いをして手の力でやさしく絞って干してください。生地は洗うと少しですが縮みますが乾いたらキュッキュと引っ張って整えてあげると元に戻ります。底面の8号帆布生地は3度水通しをしてから縫いました。

価格: -

作品紹介

  • オーダー

オーダーメイドを相談する

作品詳細情報

素材
作品ID fs2110624859
クリエイター 水筒カバーとペンケース屋 56番地
この作品と同じ「通園・通学グッズ(男の子) 通園・通学セット」ジャンルページへ

価格:-

作品紹介

クリエイター情報

56番地

水筒カバーとペンケース屋

56番地

所在地:埼玉県

評価コメント
tetote経験値 669
作品お気に入り度:
取引対応度:
出品中の作品

筒形水筒カバー「苺ミルク」底直径7寸胴高さ19

あけたら2パーツ「電車」ペンケース

67

プロフィール
~56番地~
お盆も製作しています。
<始めたきっかけ>
振り回しても落ちない水筒ケースを持たせたい。新品の鉛筆でも無理なくはいるペンケースがほしい。などと思っているうちに現在のラインアップになっていきました。水筒カバーもペンケースも持っていて気持ちが明るくなる、お気に入りを作っていきたいと思っています。
高度な技術をもっていませんが、丈夫で使っていて心地よいもの、最善のものをつくれるように心がけていきます。
すべての品が受注製作品です。納期は入金確認後5日から20日くださいま...

クリエイターに質問・メッセージを送る(会員のみ)

作品への質問は会員登録済みの方のみとなっております。ログインする

このクリエイターへの評価コメント
無事に届きました。 オマケまで付けて頂いて、ありがとうございます。娘も可愛いと喜んでいいます。 大切に使わせてもらいます。 ありがとうございました。
子供も気に入って使ってます。 ありがとうございました。
この作品を閲覧したクリエイター

atenenana

tetote(テトテ)
tetote(テトテ)はハンドメイド・手作り作品の販売・購入ができる通販サイト。キッズをはじめ、世界に1つだけのなど多数のハンドメイド・手作り作品を掲載しているハンドメイドマーケットです。決済はtetoteが仲介するので安心です。“手仕事のすばらしさ”と“ネットの力”で、作り手と買い手の”手と手”をつなぎ、日本にハッピーを増やしていきます。