猫のぷにぷに肉球キーホルダー モノトーン三毛猫 [ 作品紹介 ]

猫のぷにぷに肉球キーホルダー モノトーン三毛猫画像1

  • 猫のぷにぷに肉球キーホルダー モノトーン三毛猫画像2
  • 猫のぷにぷに肉球キーホルダー モノトーン三毛猫画像3
  • 猫のぷにぷに肉球キーホルダー モノトーン三毛猫画像4
  • 猫のぷにぷに肉球キーホルダー モノトーン三毛猫画像5
この作品の印象は?
かわいい(0)
かっこいい(0)
すてき(0)
きれい(0)
ほしい(0)
この作品を見た人
42人

作品説明

猫のぷにぷに肉球 キーホルダーに新色【モノトーン三毛猫】が仲間入りしました!
小生意気?クール?三毛猫シリーズの中でもちょっと異色な主張を放つ一品です。
========
■商品説明
猫の手をかたどった本革+合皮で作ったキーホルダーです。
フックが3個ついているので3種類のカギを取り付けることができます。

手全体と肉球の部分にやわらかい素材を詰めているのでにぎるとぷにぷにとした
触り心地を楽しめます。ふとした瞬間に和んでいただけたら嬉しいです。

「手作りならでは、を活かしてリアルな触り心地の肉球を作ってみたい・・・」
そんな気持ちから生まれた作品です。猫の肉球が好きでたまらないのに
市販のものではいまひとつ満足できないという方にぜひ☆

革の端の処理はひとつひとつ丁寧に行っているのでカジュアルなようでも
ラフではなく品良く仕上がっているのが特徴です。

また色はすべて革用の染料で着色し乾燥後に専用定着剤を塗っています。
耐久性を考えて肉球はひとつひとつ本体に縫いつけているので取れてしまう
心配はありません。

肉球キーホルダーシリーズには以下のようなラインナップがあります。
お誕生日の季節に合わせたり、家族猫ちゃんの色に合わせたり、
また引っ越しを控えたご友人への贈り物などにいかがでしょうか?
●個性的な「ノーマル三毛猫」「モノトーン三毛猫」
●季節を感じる「さくら三毛猫」「ひまわり三毛猫」「紅葉三毛猫」「白雪三毛猫」
●うちの子かも?な「ブラウン」「ブルーグレー」「ブロンズ」「クリーム」

肉球シリーズはパスケースやお財布(数量限定)など他にも数種類作っていますので興味のある方は他の販売枠もご覧になってみて下さい。
■サイズ・・・◆※◆※ご購入前に必ずご確認ください※◆※◆
(フック込み)長さ9.8㎝×幅3.5㎝ Dカン幅2.5㎝

※ギフトラッピングは受けていませんが商品は新品の透明なPP袋に入れた上で飾りテープで封をして送っています。贈り物としてそのまま相手にお渡ししても見苦しくない程度の通常ラッピングです。

※手作り品のため画像と実物では多少異なる場合があります。

価格: -

作品紹介

作品詳細情報

素材 レザー
作品ID zy2172398516
クリエイター ハンドメイド作家・立体造形作家 コサチ・ポゥ
この作品と同じ「キーホルダー 革・レザー」ジャンルページへ

価格:-

作品紹介

クリエイター情報

コサチ・ポゥ

ハンドメイド作家・立体造形作家

コサチ・ポゥ

所在地:東京都

評価コメント
tetote経験値 73
作品お気に入り度:
取引対応度:
出品中の作品

革製 猫のぷにぷに肉球カードホルダー 青

猫のぷにぷに肉球キーホルダー クリーム

52

プロフィール
立体造形の仕事を通じて素材としての皮革の面白さに出会いました。自分の持っている技術と革の素材を組み合わせて”オリジナルで楽しい作品”を作るのがテーマですが、実用品に関しては耐久性も重視するようにしています。

販売品には以下の2パターンがあります。
 a. 作った在庫を売り切って完全に終了とするもの
 b. 売り切れても再製作して販売を続けていくもの

端革を利用して製作することも多いのでbについては色や革の種類、厚みなど若干変わることもありますが定番として継続して作り続けてい...

クリエイターに質問・メッセージを送る(会員のみ)

作品への質問は会員登録済みの方のみとなっております。ログインする

このクリエイターへの評価コメント
皮の高級感があって、存在感もあり、フィギュア好きな友達への贈り物にとてもいい感じです。強いて言えば、ブレードの部分が少し波うってしまっていたのが残念です。
可愛いキーホルダー、親子ともども気に入っています。また機会がありましたらお願い致します。有難うございました。
この作品を閲覧したクリエイター

最近チェックした作品

tetote(テトテ)
tetote(テトテ)はハンドメイド・手作り作品の販売・購入ができる通販サイト。アクセサリーをはじめ、世界に1つだけのなど多数のハンドメイド・手作り作品を掲載しているハンドメイドマーケットです。決済はtetoteが仲介するので安心です。“手仕事のすばらしさ”と“ネットの力”で、作り手と買い手の”手と手”をつなぎ、日本にハッピーを増やしていきます。