【アウトレット】二つ折り小銭入れ [ 作品紹介 ]

【アウトレット】二つ折り小銭入れ画像1

  • 【アウトレット】二つ折り小銭入れ画像2
  • 【アウトレット】二つ折り小銭入れ画像3
  • 【アウトレット】二つ折り小銭入れ画像4
  • 【アウトレット】二つ折り小銭入れ画像5
この作品の印象は?
かわいい(0)
かっこいい(0)
すてき(2)
きれい(0)
ほしい(0)
この作品を見た人
398人

作品説明

【特価】¥3,400 → ¥2,900  

※こちらの作品は、サドルレザー部分の経年変化がみられるのと
シミ等があるためアウトレット価格にいたしました。
ご了承の上、ご注文くださいますようお願いいたします。

牛オイルレザーで作りました。
革そのものの風合いが魅力の革で、使い込むうちに艶が増してきます。

外側はシワの多い部分を使用し、フラップも革の端を使っているため
少しワイルドな感じになっています。
艶も多くツルっとした手触りです。

内側は同じオイルレザーでも、しっとりとした部分を使用し
小銭入れ裏のポケットは生成のサドルレザーを使い、色に変化をつけました。

4ポケットあります。
手前2ポケットは浅めで4cm(最小)
写真は名刺サイズのカード10枚入っています。

奥のポケット(2ポケット)は7cmです。
折ったお札を入れると、1cmくらい折った部分が出ます。

金具を使用しているため
内側の金具があたるポケットには、フィルムを入れてあります。
カードのキズ防止のため、フィルムの手前に入れてご使用ください。

手縫いで仕上げていますのでとても丈夫です。
糸を通した2本の針を交差して(8の字)に縫っていますので、使ってすり切れた時でもすぐにほどけず、その部分だけ直すことも可能です。

糸はロウ引きをした麻糸を使用。革との相性も良く、天然素材ならではの
味わいのある作品になっています。

【素材】
  牛オイルレザー(革の厚さ1.2㎜)
  牛サドルレザー(革の厚さ1.5㎜)
  カンガルーレザー(ファスナースライダー)
  麻糸使用

【サイズ】
  〈本体〉 約 縦11.5㎝×横9.0㎝×厚み1.0㎝(フラップ含むと2.0㎝)
        約 縦11.5㎝×横19.0㎝(見開き)

【重さ】75g

【仕様】
   小銭入れ
   ポケット×4

*天然素材のため細かいキズ、ムラ、シワ等がありますが、
 革の特徴としてご理解頂きますようお願いいたします。

※簡易包装となります。(不織布と紙袋)

価格: -

作品紹介

作品詳細情報

素材 レザー
作品ID vu2119324560
クリエイター 革ものつくり couma
この作品と同じ「財布 折り財布」ジャンルページへ

価格:-

作品紹介

クリエイターに質問・メッセージを送る(会員のみ)

作品への質問は会員登録済みの方のみとなっております。ログインする

クリエイター情報

couma

革ものつくり

couma

所在地:茨城県

評価コメント
tetote経験値 83
作品お気に入り度:
取引対応度:
出品中の作品

ツートンカードケース

【アウトレット】レザードラムスティックケース(黒)

45

プロフィール
ご覧いただきありがとうございます。

*couma*では 革を使って
小物や財布、バッグなどを作っています。

使っている革は 主にタンニン鞣しの牛革ですが、
バッグ類やアクセントには いろいろな革を使います。

革は一つ一つ表情が違うので
その時出会った革に合わせて制作しています。

同じものがないのと、使っていくうちに馴染んでいくところが
革の大好きなところです。

ぜひ 経年変化を楽しんでください。

作品について、『売り切れ』となっている場合でも再販...

クリエイターに質問・メッセージを送る(会員のみ)

作品への質問は会員登録済みの方のみとなっております。ログインする

このクリエイターへの評価コメント
商品が届きました。 色合いが良いですね。丁寧な縫製で大事に使います。 迅速な対応、又ご縁がございましたら宜しくお願いします。
どうしても内ポケットが必要で、こちらにたどり着きました。ピストル柄でしたが、とても可愛いいです(笑) 作りも丁寧ですし、お値段・送料も、お得に購入できて良かったです。
この作品を閲覧したクリエイター

kotoーbee’s

y's-craft

pandante

Panda factory

tetote(テトテ)
tetote(テトテ)はハンドメイド・手作り作品の販売・購入ができる通販サイト。バッグ・財布をはじめ、世界に1つだけのなど多数のハンドメイド・手作り作品を掲載しているハンドメイドマーケットです。決済はtetoteが仲介するので安心です。“手仕事のすばらしさ”と“ネットの力”で、作り手と買い手の”手と手”をつなぎ、日本にハッピーを増やしていきます。