多肉「ゴーラム」と「月兎耳」の盆栽仕立て [ 作品紹介 ]

多肉「ゴーラム」と「月兎耳」の盆栽仕立て画像1

  • 多肉「ゴーラム」と「月兎耳」の盆栽仕立て画像2
  • 多肉「ゴーラム」と「月兎耳」の盆栽仕立て画像3
  • 多肉「ゴーラム」と「月兎耳」の盆栽仕立て画像4
  • 多肉「ゴーラム」と「月兎耳」の盆栽仕立て画像5
この作品の印象は?
かわいい(0)
かっこいい(0)
すてき(0)
きれい(0)
ほしい(0)
この作品を見た人
90人

作品説明

多肉系植物の中でも市場で意外に出回ってない(宇宙の木)ゴーラム。
上に向かって育つ細長い葉っぱが、宇宙人の指を連想させることから名付けられた品種で、皆様ご存知の「金のなる木」の変形種です。
秋から冬にかけては写真の様に葉先が紅葉して赤くなります。
子株から育てて数年でかなり大きくなりました。茎もしっかりと太くなり安定感は十分です。
盆栽仕立てにした非常に価値ある1点物です。
盆栽仕立てにしてみると、ゴーラムが活き活きと存在感があります。
ゴーラム根本には葉の綺麗な月兎耳が可愛らしく並んでいます。
和鉢の底面は穴が空いてます。
多肉の中でも比較的育て易いので、インテリアとして気軽にプチガーデニングを楽しんでください!生活の中に緑を取り入れてオシャレに過ごしましょう!

[置き場所]

日当たりの良い場所を好みます。基本的には1年中日に当てます。しかし、夏の強い直射日光は強すぎて、葉焼けを起こすので注意しましょう。
冬は成長が止まります。水遣り回数を減らしましょう。霜に当たると葉が傷みますので、冬は軒下か日当たりの良い室内で育てて下さい。
 
[水やり]
春から秋は土が乾いてから数日たって水をやるようにします。冬は土がカラカラに乾いてから水をやる程度にします。ゴーラムは非常に乾燥に強く、また過湿に弱いです。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。水をやるときは鉢のそこから水が染み出すくらいにしっかりとやってください。これは夏でも冬でも同じです。 
※ゴーラムは葉っぱがシワシワになっても、水をやれば復活します。

[増やし方]
葉ざし、さし芽でふやすことができます。適期は春~初夏です。
葉ざしは茎から葉を取り外して、土の上に寝かせておきます。さし芽は茎を切り取って用土に挿します。いずれも根が出るまで水は一切与えません。

サイズ 約7㎝x7㎝x20㎝

定形外郵便で発送致します。
送料無料です。

紅葉や成長によって撮影時と色合いや形が異なることがあります。
手作りで自然素材を使用している為、写真と多少色や形、大きさが異なる場合がございます。あらかじめご了承願います。
作品は各々丁寧にお作りしてますが、商品の特性上、配送の際、多少材料の落下などがあるかもしれません。

 

価格: -

作品紹介

作品詳細情報

作品ID mr2125714690
クリエイター T's Room アトリエ T's Room
この作品と同じ「インテリア小物 フラワーアレンジ&グリーン」ジャンルページへ

価格:-

作品紹介

クリエイター情報

アトリエ T's Room

T's Room

アトリエ T's Room

所在地:東京都

評価コメント
tetote経験値 73
作品お気に入り度:
取引対応度:
出品中の作品

多肉寄植え in レンガ鉢

多肉inコルク 2個Set メモスタンド付き

58

プロフィール
この度はサイトをご覧頂きまして、ありがとうございます。園芸関係の仕事に携わっていた経験を活かして主に観葉植物、多肉植物を使用したインテリアとして飾れる作品を製作しています!
植物を育てるのが苦手な方や、水やり加減で枯らしてしまいがちな方、世話好きの方、面倒くさがりの方、初心者の方向けに、比較的扱いやすい植物を使っています。
リビングにグリーンがひとつあるだけでもとても癒されますよね。
一度トライしてみたいと思う方に気持ちを込めて製作していますので、宜しくお願いします。

クリエイターに質問・メッセージを送る(会員のみ)

作品への質問は会員登録済みの方のみとなっております。ログインする

このクリエイターへの評価コメント
届きました。 大事に育てて見ます。
届きました。ミニチュアで可愛いですね
この作品を閲覧したクリエイター

花くらぶ cobe

もみじちゃん

south town

youseinosippo

tetote公式

最近チェックした作品

tetote(テトテ)
tetote(テトテ)はハンドメイド・手作り作品の販売・購入ができる通販サイト。ホーム&リビングをはじめ、世界に1つだけのなど多数のハンドメイド・手作り作品を掲載しているハンドメイドマーケットです。決済はtetoteが仲介するので安心です。“手仕事のすばらしさ”と“ネットの力”で、作り手と買い手の”手と手”をつなぎ、日本にハッピーを増やしていきます。