作品画像について

作品画像について

作品の印象は写真が決め手

tetote(テトテ)では、ユーザーが実際に商品に触れる機会がありません。
そのため、作品の魅力を大いに伝えるために作品の写真は重要です。
あなたの作品が正確にユーザーに伝わるように、撮影のポイントをおさえましょう。

撮影のコツ(デジタルカメラ)

画像のサイズは小さくても大丈夫

サイズが大きいとアップロードできない場合がございます。
予めお手持ちのデジタルカメラの撮影サイズを小さくして、容量を抑えましょう。
(作品画像の形式はgif、jpg、pngのみで、容量は3MB以内)

【画像の推奨サイズ】

横:612pixel × 縦:460pixel

※縦長の画像の場合でも、横のサイズが612pixel以下であればそのまま表示されます。

明るさの設定

(1) 露出補正

作品の撮影のとき光のコントロールが大切です。蛍光灯や窓際の自然光で十分な明るさを得られます。
写真の明るさが思うように決まらない場合は露出補正を使用することで簡単に明るさを調整できます。

Ev -2.0

Ev -1.0

Ev ±0(標準)

Ev +1.0

Ev +2.0

お手持ちのカメラによって、操作方法は様々です。
詳しくはカメラの取扱説明書の中の「露出補正」や「EV補正」、「明るさ」といった項目を参照してください。

(2) ホワイトバランス

白い紙に太陽光が当たっているときと、電球の明かりが当たっているときとでは、それぞれ白さの色が違います。 白いものが白く写るように補正をする機能をホワイトバランスといいます。
デジタルカメラには一般的に、自動的にホワイトバランスを調整してくれるオートホワイトバランス機能が付いています。
オート以外でも手動でホワイトバランスを設定することができます。
同じ環境で撮影すると以下のようになります。

オート

太陽光

くもり

蛍光灯

なるべく日中の自然光(太陽光)が当たる明るい場所で撮影をしましょう。
画像が暗すぎる、あるいは明るすぎるというときには、露出補正を、より良い色の再現を望む場合には ホワイトバランスを操作しましょう。照明を増やしたり、フラッシュを使う必要はありません。

見栄えの良い写真を撮るため(☆撮影のポイント)

ピントが合っていなかったり、手ブレをしていると作品の印象が悪くなってしまいます。

(1) 撮影の際にブレないようにする。

・カメラの液晶画面ではなくパソコンなどの大きな画面でブレてないか確認しましょう。

・三脚を使用するとブレを防げます。

(2) マクロモードを使用する。

アクセサリーなどの小さな作品を撮影する際にはマクロ(接写)機能を用いることで、近づいてもピントを合わせることができます。

背景や小物で演出する

作品を撮影する際にはまず背景をしっかりと整えることが大切です。
また、作品の雰囲気を伝えるためにも小道具を用いて演出しましょう。身近にあるものを使って簡単に演出できます。

インテリアだった、
天然石を活用。

手芸の際に使った
レース生地を背景に。

貝殻を使って
イメージを演出。

観葉植物を使って
イメージを演出。

小さな作品であれば、ご家庭にあるラッピングペーパーや生地など様々なものが活用できます。
また、100円ショップや手芸用品店、模型店など、演出用の小道具として使えるものがたくさんあります。

撮影のコツ(スマートフォンアプリを活用する)

お手持ちのスマートフォンのカメラアプリケーションを活用することで、簡単に写真の編集ができ、より雰囲気ある作品画像を撮ることができます。
スマートフォンで気軽に、楽しく作品を撮影してみてはいかがでしょうか。

使用アプリ:一眼トイ

一眼レフ風なボカシを再現。色の調整でトイカメラのような加工ができます。

使用アプリ:Adobe Photoshop Express

エフェクトやフレームが充実。
簡単に写真を魅力的に加工できます。

使用アプリ:qbro

大量のエフェクトからお好きなものを選び簡単に雰囲気ある写真が撮れます。

主な人気カメラアプリ

iPhone

(1)一眼トイ

一眼レフ特有の「ボケ味」をデジタル加工で実現

価格:85円

開発元:TEKTEK

ダウンロードはこちらから

(2)Adobe Photoshop Express

写真の切り取りや明度調節、フィルターエフェクト等の便利な編集機能がたくさん

価格:無料

開発元:Adobe Systems Incorporated

ダウンロードはこちらから

(3)qbro

大量のエフェクトで簡単に写真を加工

価格:無料

開発元:JellyBus Inc.

ダウンロードはこちらから

Android

(1)FxCamera

味のある写真をエフェクト効果で手軽に撮影

価格:無料

開発元:ymst

ダウンロードはこちらから

(2)vignette

圧倒的エフェクト数の多機能カメラアプリ

価格:327円

開発元:NEILANDTHERESA

ダウンロードはこちらから

(3)レトロカメラ

味のあるレトロカメラ風の写真が撮れる

価格:無料

開発元:Urbian

ダウンロードはこちらから

価格は、変更される場合がございます。ご購入の際は価格をご確認をお願いいたします。

最近チェックした作品