子どものモノは親じゃなくても作れる人が作ればいい! 依頼主も作り手もハッピーな「手作りオーダー」の仕組み

学校や習い事などで「サイズ指定のバッグ」や「ケース」が必要になること、ありませんか? でもちょうどいいサイズは近くに売ってないし、自分で作ることも難しい……。そんな時は便利な「手作りオーダー」がおすすめ。ハンドメイドマーケットでオーダーをすれば、手作りが好きな人(クリエイター)が依頼を受け取り、作ってほしい人(あなた)がほしいものを形にできるという双方にプラスの関係でお気に入りのアイテムを作ることができます。

「そもそもオーダーってどうやるの? あんまり時間もないし、手間かかりそう……」
そんなあなたのために、実際に子ども用品のオーダー販売を行っているクリエイターさんにオーダーの流れややり取りのコツを教えていただきました。

ロアさん

PROFILE
ミシン歴11年、二人の子どもたちの洋服はほとんど手作りしているという「ロア」さん。花屋での経験を活かし、通園通学グッズのオーダー制作を中心にこれまでに400点以上のアイテムがSOLD OUT。使い勝手も考えられた作品が小学生のお母さんたちに大人気! 作品ギャラリー:https://tetote-market.jp/creator/sanpaulo/

オーダーメイド注文の基本的な流れ

オーダーメイドの流れ | ハンドメイドで、はじめてのオーダーメイド

オーダーメイド注文の流れ

1.サイトで気になったクリエイターに、オーダーが可能かメッセージで相談する
2.可能という返事を受け取ったら、生地やサイズなどの詳細をメッセージで相談する(生地の見本写真や仕上がり案、見積り金額がクリエイターから提示される)
3.オーダー内容が決まったら注文用ページを受け取り、購入手続きをする
4.作品完成後、指定のお届け先へ配送
5.内容を確認し、取引評価をする

 クリエイターとサイズなどの相談をしたあとは入金、制作、発送という流れです。依頼者からすると、クリエイターとデザインやサイズの具体的な相談がイメージ通りに伝わるのかちょっと難しそうですが……。クリエイターは、依頼者とどんなやりとりをしているのでしょうか。

イメージしやすい依頼の仕方って?

── メッセージのやりとりだけで、希望がちゃんと伝わるのでしょうか?
ロアさん(以下敬称略):はい、伝わります。まず、依頼者から希望のサイズやデザインを聞きます。その際、幼稚園や小学校から配布されるサイズ表を写真に撮って送ってもらうと、こちらもイメージがしやすくなりますね。ある程度決まったら、こちらから生地の確認写真を送ったり、バッグのサイズや持ち手の長さなどを書いた図面をお送りし、OKが出てから制作に入ります。

ロアさん オーダー図面

── オーダーから完成まで、だいぶ日数がかかりそうですね。1カ月とかでしょうか?
ロア:私の場合は、オーダーをいただいてから1週間以内に発送できるように心がけています。制作に入る前に納期をお知らせしてから、作業に入るようにしています。

── 完成が速い……! これはお母さんもうれしいですね。

ヒントは小学生の息子! お母さん目線のアイデアがいっぱい

── ロアさんは宇宙柄の男の子用グッズをたくさん出品されていますが、これはご自身のアイデアなんですか?
ロア:小学校低学年の息子が、宇宙柄が学校ではやっているというので、作るようになりました。キャラクターものだとそのうち飽きてしまうし、かといってシンプルすぎるとおもしろくない。宇宙柄なら高学年になっても飽きずに使える! と、購入された方からも評判がいいんですよ。

ロアさんの作品

── ほかにも、母目線のアイデアがたくさんありそうですね。
ロア:ふたなし持ち手つきの防災頭巾カバーは、バッグとして使うときにも型崩れしにくく、あまりお店では売っていないので好評ですね。レッスンバッグは、低学年だと持ち手が長すぎてバッグを引きずってしまうことがあるので、短めに作っています。男の子はバッグをぶんぶん振り回すので、持ち手の継ぎ目を補強したり生地を厚めにしたりと、息子が使っているのを見て色々工夫しています。小学校卒業まで6年間使ってもらえたらうれしいですね。

冬場のオーダーメイドがひと段落して、これからの季節に向けてはプールバッグや保冷ランチバッグを制作しています。プールバッグは、プールカードがぬれないように専用ポケットをつけたり、中身が飛び出さないようにマグネットボタンをつけたりしました。

私はみんなのお母さん! 作れる人が作ればいい

お母さんのなかには、「子どものものは親が作るべき」、「人に頼むのは引け目を感じる」という方もいるかもしれません。特に幼稚園では、親が作るよう勧めているところも多いようです。オーダーメイドを受ける側のロアさんは、そのあたりどう感じているのでしょうか。

ロアさん

── 自分の子ども以外のお子さんにキッズ用品を作ること、抵抗感はありますか?
ロア:いや、私はまったくありません。今はミシンを持っている方もそう多くはありませんし、できる人が作ればいいんじゃないかと思うんですよ。私の場合は、自分の子どもがどんどん大きくなって作りたくても作るものがなくなってきたので、だれかの代わりに作ることがうれしいんです。「みんなのお母さん!」という気持ちで作っています。だから、引け目なくどんどんオーダーしてくださいね。

いかがでしたか? 実際にお子さんが使っている様子からヒントを得て子ども用品を制作しているロアさんは、ミシンで手作りをしている姿がとても楽しそうでした。お母さん目線のアイデアや工夫が詰まったオーダーアイテムを制作しているクリエイターさんは、まだまだたくさんいます。冬の入園入学グッズの制作がひと段落した今なら、夏に向けて余裕を持ってオーダーできそう。この機会にお気に入りのクリエイターを探してみてはいかがですか?

おすすめの特集

ハンドメイドで初めてのオーダーをしてみませんか。欲しかったデザインやサイズでお気に入りのアイテムがつくれます。

オーダーしてみたい方はこちら

この記事に関するキーワード

あなたにおすすめ!

入園グッズ手作りしてみてどうだった? 先輩ママにきく準備の楽しさと大変なポイント

入園グッズを手作りするのって大変そうなイメージがありませんか?今回、実際に手作りしたママにどんな準備が必要だったのかを聞いてみました。完成までのプロセスや手作りならではのエピソードなど、手作りに挑戦してみようと思っている…

【体験レポート】初めての本革ハンドメイドに挑戦!お財布の手作りワークショップに参加してきました

9月3日(土)にハンドメイドマーケットtetote(テトテ)とファスナーメーカーのYKKがコラボしてワークショップを開催しました。 今回は、当日の様子や作る工程など写真たっぷりでお届けします!   テーマは「本革素材でお…

【イベントレポート】プロカメラマンに教わる「スマホで撮る作品画像講座」を開催しました!

こんにちは!tetoteスタッフの佐々木です! 今回は、3月15日(火)、16日(水)の両日に開催しました、「スマホで撮ろう!プロが教える作品画像講座」のレポートをお届けします。 クリエイターの皆さんから寄せられる、「作…

趣味からプロの先生へ。夢が広がる「指導員制度」とは?【文化服装学院の生涯学習レポ vol.5】

第5回目(第1回目はこちら)になるファッション専門学校文化服装学院の生涯学習講座のレポート。今回は、通信教育講座を修了後に指導員として活躍する千葉涼子先生にインタビューしました。教わる立場から教える立場へ、学んだことが活…

2016年12月に変わった「洗濯表示」を全種紹介! 知っておきたい基本ルールとは?

12月1日から衣類などの洗濯表示が変わるのを知っていますか?これまでの22種類から41種類に増えます。わかりづらそうで心配……と思いますが、むずしいことはありません!表示マークの基本ルールを知っておけば、すぐに意味が理解…

もっと見る

新着記事はこちら

3月17日(土)・18日(日) 「手づくりめっせ in KYOTO 2018」の出展クリエイターを公開!

日本の古都・京都で、今年も「手づくりめっせ in KYOTO」が開催されます。昨年は約3万人もの手づくりファンが集まった本イベントは、様々なジャンル・素材のハンドメイド作品が一挙に展示・販売されます。そのほか、各種ワーク…

2月16日(金)・17日(土) 「手づくりフェア in 九州」の出展クリエイターを公開!

手づくりフェア in 九州は、今年で23回目の開催となる九州最大級のハンドメイドイベントです。毎年約3万人もの手づくりファンが集まり、作品の展示販売やワークショップ、古布市場やホビッ子ランドなどさまざまな企画が盛りだくさ…

便利な託児サービス見つけた! 「子育てシェア」って知ってる?

子育てをしていて、「この時間だけ、ちょっと子どもを預けたいな」って思うことありませんか? でも身内が遠方だと預けにくいし、かといっていきなり託児所に預けるのは気が引ける……。そんなお母さんにうれしい託児サービスを見つけま…