靴下の名前付け 記事表紙

靴下の名前付けってどうやる? 覚えておきたい書き方のポイント

子どもの靴下って、汚れたり穴があいたりして、結構ひんぱんに買い替えますよね。その度に、必要なのが面倒なお名前付け。でも、濃い色の靴下にどうやって名前を付けるのか、どこに書いたらいいのか、迷いませんか? 今回は、靴下のお名前付けに便利な4つのグッズどこに付ければいいのかをご紹介します。

 

靴下におすすめな4つのグッズ

お名前付けグッズには、シール、スタンプ、アイロンテープなどたくさんの種類があります。靴下に合うのはどんなアイテムでしょうか? 4つのお名前付けグッズと、それぞれの特徴についてまとめました。

1.お名前スタンプ

ポンッと押せるスタンプは、忙しいママに大人気。洗濯をすると薄くなるというデメリットもありますが、簡単に押し直しができます。靴下には小さめサイズのスタンプがいいですよ。

シヤチハタ おなまえスタンプ 大・小文字セット


発売元:シヤチハタ

水ににじまない油性インキのスタンプなら、靴下の他にも、布・木・金属・プラスチックに使えて便利です。

 

ハンドメイドのお名前スタンプ

こちらの消しゴムはんこには、30種類からイラストを選んで付けることができます。文字の読めないお子さんでも、自分の目印が付いていれば安心◎ インクは、布用スタンプインクを使いましょう。

お名前スタンプを探す

 

2.名前ペンで直書き

靴下がよれて名前が書きづらい、見た目の満足度が低いなどのデメリットはありますが、コスパもよく一番手軽にできます。濃い靴下には白いインクの名前ペンがおすすめです。

ゼブラ おなまえマッキー細字


発売元:ZEBRA(ゼブラ)

 

サクラクレパス マイネームホワイト細字


発売元:サクラクレパス

 

3.アイロン用ネームテープ

スタンプや名前ペンで直接靴下に名前を付けても目立たない、そんな時はアイロン用のネームテープを貼ると見やすくなります。洗濯をすると四隅がはがれてくるので、角を丸くカットする一手間を加えると長持ちしますよ。また、名前がプリントされたアイロンテープを使ってもいいですね◎ 小さめサイズの方が取れにくいです。

パイオニア ネームテープ


発売元:パイオニア

 

4.フロッキー

フロッキーは、プリント加工の一種でアイロンで接着して名前を付けます。ぷっくりとした立体文字が見た目にもかわいらしく、きれいに仕上がります。洗濯乾燥機・漂白・ドライクリーニングもOKです。一方、洗濯を繰り返すとはがれやすい、濁点(だくてん)だけ取れてしまう、などの意見も。価格が高めなのも難点です。

ね~むっこ フロッキーネーム


発売元:ね~むっこ

 

クレアフォーム フロッキーネーム


発売元:クレアフォーム

 

靴下のどこに名前を付ければいいの?

名前付けにおすすめの場所
すぐに汚れてしまう靴下は、黒や紺など汚れの目立たない濃い色を選ぶ事が多く、どこに名前を付ければいいのか悩みますよね。色の薄い部分やゴム裏などスペースを見つけて付けるのも、もちろんいいのですが、それでは目立ちません。足の裏側、土踏まずに書くのがおすすめです。裏側だと絵柄がなく大きく書けるので、先生も子どもも見つけやすいんです。また、土踏まずは靴や床とこすれないので、名前が消えづらく長持ちしますよ。ちなみに、市販のお名前スペース入りの靴下も、裏側に名前が書けるようになっています。

 

靴下のお名前付け まとめ

靴下のお名前つけ まとめ
いかがでしたか? お名前付けのグッズは、スタンプや名前ペンが手軽でコスパもよく便利でしたね。一方で、コストや手間はかかるものの、アイロン用のネームテープやフロッキーはきれいに仕上がります。また、名前を付ける場所は、履き口のゴム裏部分や白い部分でもOKですが、先生が見つけやすく消えにくい土踏まずがベストです。お名前付けって本当に手間がかかります。ぜひ、自分に一番合う好きな方法を見つけて、面倒な作業を乗り切りましょう!

 

こちらもチェック!

入園入学準備の最難関、お名前付けを乗り越えるポイントとおすすめグッズ
身近なもので対策できる!名札で服に穴をあけないコツ

この記事に関するキーワード

あなたにおすすめ!

ミシンのプロが教えます。ファスナーをきれいに付ける3つのコツ

バッグやポーチ、お洋服に使用されるファスナー。 いざ、自分でファスナーを使った何かを作ろうと思うと、ちょっと難易度高いな〜って思いませんか? 先日、ファスナーメーカーYKK(株)とミシンメーカー蛇の目ミシン工業(株)、そ…

知っておきたい大人のマナー! ふくさの選び方とおすすめのアイテム特集

結婚式やお葬式など、金封を持ち運ぶのに使うふくさ。そもそもなぜふくさに包むのでしょうか?またどんなものを選べばいいのでしょうか?今回は知っておきたいふくさのマナーと、おすすめのふくさをご紹介します。 【もくじ】 1.なぜ…

【5分で簡単】赤白帽のゴムを手縫いで付け替える2つの方法

一学期が終わり子どもが持ち帰ってきた赤白帽子、ゴムが伸びきってビロビロ! なんてことはありませんか? 「夏休みの間に伸びきったゴムを交換したい」と思っても、どうしたらいいのかわからない。そんな方に、ミシンもリッパーも使わ…

簡単きれい! 布の角をスッキリ仕上げる「額縁仕立て」の方法

ランチクロスなど四角い布、角の処理はどうしていますか? 一辺を三つ折りにして、さらにもう一辺を三つ折りにしますよね。もちろんこれでもいいのですが、布が重なり生地が厚くなるため、縫い目がガタガタになったり、洗濯した時にそこ…

旅行に便利! スキンケアの小分けに「使い切りストロー容器」の作り方

ゴールデンウィークに旅行の計画を立てている人も多いと思いますが、持っていくものが多くて困っていませんか? 化粧道具にヘア用品、着替えなどでバッグがパンパン……なんてことも。そこで今回は、スキンケア用品の持ち運びに便利なス…

もっと見る

新着記事はこちら

【Handmade MAKERS’2017】tetote ブース限定! ワークショップ開催情報

今年も、日本最大級のハンドメイドイベントHandmade MAKERS’(ハンドメイドメイカーズ)が11月10日(金)から12日(日)に開催されます。ハンドメイドマーケットtetote(テトテ)のエリアには、全国から集結…

「手づくり市場 in 北九州2017」に tetote エリアが出現! 40名のクリエイターが大集結

今年で19回目の「手づくり市場 in 北九州2017」。2日間で2万人の来場者を予定しております。410ものブースでは、様々な手づくり品の出展販売、ワークショップ、体験ブースなどが盛りだくさん。子どもから大人まで楽しめま…

Handmade MAKERS’2017 にtetoteのクリエイター44名が大集結

ハンドメイドメイカーズは、日本ホビー協会が主催する日本最大級のハンドメイドイベントです。クリエイターと企業とハンドメイドファンを繋げる場として、2016年より開催。3日間で15万人もの来場が見込まれます。作品販売ブース、…