靴下の名前付け 記事表紙

靴下の名前付けってどうやる? 覚えておきたい書き方のポイント

子どもの靴下って、汚れたり穴があいたりして、結構ひんぱんに買い替えますよね。その度に、必要なのが面倒なお名前付け。でも、濃い色の靴下にどうやって名前を付けるのか、どこに書いたらいいのか、迷いませんか? 今回は、靴下のお名前付けに便利な4つのグッズどこに付ければいいのかをご紹介します。

 

靴下におすすめな4つのグッズ

お名前付けグッズには、シール、スタンプ、アイロンテープなどたくさんの種類があります。靴下に合うのはどんなアイテムでしょうか? 4つのお名前付けグッズと、それぞれの特徴についてまとめました。

1.お名前スタンプ

ポンッと押せるスタンプは、忙しいママに大人気。洗濯をすると薄くなるというデメリットもありますが、簡単に押し直しができます。靴下には小さめサイズのスタンプがいいですよ。

シヤチハタ おなまえスタンプ 大・小文字セット


発売元:シヤチハタ

水ににじまない油性インキのスタンプなら、靴下の他にも、布・木・金属・プラスチックに使えて便利です。

 

ハンドメイドのお名前スタンプ

こちらの消しゴムはんこには、30種類からイラストを選んで付けることができます。文字の読めないお子さんでも、自分の目印が付いていれば安心◎ インクは、布用スタンプインクを使いましょう。

お名前スタンプを探す

 

2.名前ペンで直書き

靴下がよれて名前が書きづらい、見た目の満足度が低いなどのデメリットはありますが、コスパもよく一番手軽にできます。濃い靴下には白いインクの名前ペンがおすすめです。

ゼブラ おなまえマッキー細字


発売元:ZEBRA(ゼブラ)

 

サクラクレパス マイネームホワイト細字


発売元:サクラクレパス

 

3.アイロン用ネームテープ

スタンプや名前ペンで直接靴下に名前を付けても目立たない、そんな時はアイロン用のネームテープを貼ると見やすくなります。洗濯をすると四隅がはがれてくるので、角を丸くカットする一手間を加えると長持ちしますよ。また、名前がプリントされたアイロンテープを使ってもいいですね◎ 小さめサイズの方が取れにくいです。

パイオニア ネームテープ


発売元:パイオニア

 

4.フロッキー

フロッキーは、プリント加工の一種でアイロンで接着して名前を付けます。ぷっくりとした立体文字が見た目にもかわいらしく、きれいに仕上がります。洗濯乾燥機・漂白・ドライクリーニングもOKです。一方、洗濯を繰り返すとはがれやすい、濁点(だくてん)だけ取れてしまう、などの意見も。価格が高めなのも難点です。

ね~むっこ フロッキーネーム


発売元:ね~むっこ

 

クレアフォーム フロッキーネーム


発売元:クレアフォーム

 

靴下のどこに名前を付ければいいの?

名前付けにおすすめの場所
すぐに汚れてしまう靴下は、黒や紺など汚れの目立たない濃い色を選ぶ事が多く、どこに名前を付ければいいのか悩みますよね。色の薄い部分やゴム裏などスペースを見つけて付けるのも、もちろんいいのですが、それでは目立ちません。足の裏側、土踏まずに書くのがおすすめです。裏側だと絵柄がなく大きく書けるので、先生も子どもも見つけやすいんです。また、土踏まずは靴や床とこすれないので、名前が消えづらく長持ちしますよ。ちなみに、市販のお名前スペース入りの靴下も、裏側に名前が書けるようになっています。

 

靴下のお名前付け まとめ

靴下のお名前つけ まとめ
いかがでしたか? お名前付けのグッズは、スタンプや名前ペンが手軽でコスパもよく便利でしたね。一方で、コストや手間はかかるものの、アイロン用のネームテープやフロッキーはきれいに仕上がります。また、名前を付ける場所は、履き口のゴム裏部分や白い部分でもOKですが、先生が見つけやすく消えにくい土踏まずがベストです。お名前付けって本当に手間がかかります。ぜひ、自分に一番合う好きな方法を見つけて、面倒な作業を乗り切りましょう!

 

こちらもチェック!

入園入学準備の最難関、お名前付けを乗り越えるポイントとおすすめグッズ
身近なもので対策できる!名札で服に穴をあけないコツ

この記事に関するキーワード

あなたにおすすめ!

洋裁のプロが教えます。厚手生地へボタンをきれいに付けるコツ

この時期に大活躍のコート。何度も脱ぎ着していると、ボタンが取れそうになってしまうことも!でも、厚手の生地にボタンをつける方法って知っていますか? ボタンをはめやすいように、ボタンと生地の間に糸足というすき間を作るんです。…

旅行に便利! スキンケアの小分けに「使い切りストロー容器」の作り方

ゴールデンウィークに旅行の計画を立てている人も多いと思いますが、持っていくものが多くて困っていませんか? 化粧道具にヘア用品、着替えなどでバッグがパンパン……なんてことも。そこで今回は、スキンケア用品の持ち運びに便利なス…

失敗しない卒園式のマナー!ママの服装とフォーマルアイテムの選び方

3月は卒園のシーズン!この間入園したと思ったらもう卒園式なんて子どもの成長は早いものですね。でも、卒園式って何を着ていけばいいのでしょうか?スーツの色は?アクセサリーは?持ち物は?気になるママの卒園式の装いについてまとめ…

ひとりでできた!園児の上靴を履きやすくするコツ(名前付けにも)

入園したての小さな子どもには、一人で履くのが大変な上履き。入園説明会で「4月までに練習してきてください」と言われることもあります。今回は、一人で上履きが履けてお名前付けもできる簡単アイデアをご紹介します! ペンで直に上履…

「アクリルたわし」を上手に使おう! 知っておきたい3つの特長

アクリルたわしを使ったことがありますか?「以前は使っていたけど、今は使っていない」「結局スポンジのほうがいい」なんていう方も多いのでは?今回は、アクリルたわしの3つの特長と、意外と知らない効果的に使うポイントをご紹介しま…

もっと見る

新着記事はこちら

ハギレで簡単! コロンとかわいい「ビスコーニュ風ピンクッション」の作り方

フランス生まれのおしゃれなピンクッション、ビスコーニュを知っていますか? ビスコーニュはフランス語で「いびつな」という意味で、本来はクロスステッチなどで飾ります。今回は、ブランケットステッチとハギレ布を使った簡単な作り方…

これで解決! ハロウィンの飾り付けをおしゃれに見せる3つのコツ

10月31日はハロウィン。雑貨屋さんや100円ショップにも、ハロウィングッズが並び始めましたね。今回は、お家の中をすてきにおしゃれに飾る、ハロウィンインテリアの3つのコツをご紹介します。「せっかく飾ったのに、なんか違う。…

手作りのアイデア満載! 阪急うめだ「カンタンD.I.Y.マルシェ」にtetoteのクリエイター9名が出展

大阪の中心地にある阪急うめだ本店で、カンタンD.I.Y.マルシェが開催されます。ハンドメイドマーケット tetote(テトテ)のクリエイターも9名が出展! 9月20日(水)から25日(月)の6日間限定で、ハンドメイド作品…