ミシンのプロが教えます。ファスナーをきれいに付ける3つのコツ

バッグやポーチ、お洋服に使用されるファスナー
いざ、自分でファスナーを使った何かを作ろうと思うと、ちょっと難易度高いな〜って思いませんか?

先日、ファスナーメーカーYKK(株)とミシンメーカー蛇の目ミシン工業(株)、そしてハンドメイドマーケットtetote(テトテ)のコラボ企画として「ミシンのプロが教えるファスナー付け講座」が開催されました。
今回はその講座の中で紹介されたファスナー付けのコツをご紹介します!難しそうと敬遠しがちなファスナー付けがちょっと楽になるうれしいポイントがありますよ。さっそくご覧ください。

 

1. ファスナーの端を2回折る

ファスナーの両端の処理をきれいに見せるには、その折り方に一工夫ありました。

「斜めに1回折る」のが一般的ですが、今回教えていただいたのは「直角に折り返してから斜めに折る」方法。一般的な付け方よりも難しいのですが、ファスナーの端が真っ直ぐきれいに付けられます。

折り方

 

2. ファスナーを途中まで開けておく

ミシンで縫う時はファスナーを半分くらい開けておき、開いている方から縫うとやりやすいです。
ファスナー2

 

3. 押さえの位置を替える

ファスナーの左右を縫う時は、ミシンの「押さえ」の位置を付け替えて、同じ方向から縫うようにすると仕上がりがきれいになります。

左側を縫ってから……
ファスナー付け3

右側を縫う時は「押さえ」を付け替えて、同じ方向から縫います。
2ファスナー付け

この3つのコツを押さえると、きれいにファスナーを付けることができます!

さらに講座では、ファスナーの扱い方について知っておきたいことを参加者の質問に答える形で教えていただきました。その内容は……?

 

ファスナーについてもっと知りたい

参加者のみなさんが「へー!」と感心した、便利なポイントをご紹介します。
質問コーナー

 

Q. ファスナーの長さの選び方は?

作品のサイズにちょうど合うファスナーの長さって、どのくらいなのでしょう?基準を教えていただきました。

ファスナーを付ける部分よりも0.5cm〜1cm短いファスナーを選ぶと良いようです。ファスナーの長さより少しだけ余裕が必要なのですね。
長さ

 

Q. ファスナーの端のきれいな処理方法は?

クラッチバッグ作りのファスナー端の処理方法もきれいに付けられますが、ここではファスナーの端に布を付け足して処理する方法を教えていただきました。

布を付け足すときれいに見えるだけではなく、布の長さによってファスナー部分の長さ調節もできます。また、本体と別布を使うとデザインのワンポイントにも!これには参加されたクリエイターさんからも「へー!」と感嘆の声があがりました。

 
布を付け足した状態
布付け

本体に付けると端がきれいに仕上がります。
ファスナー端に布ぬいつけ例

 
また、待ち針で留めただけでは布とファスナーがずれてしまうという問題には、水溶性両面テープを貼って留めるという方法が紹介されました。水溶性両面テープが無い場合はしつけ糸で縫って留める方法が良いそうですよ。
両面テープ

 

コツを押さえて苦手を克服しましょう!

ファスナー作品色々
いかがでしたか?難しそうでなかなかチャレンジできない「ファスナー付け」ですが、できるようになると作れる作品も広がりハンドメイドがますます楽しくなります。今回、教えていただいたコツは「簡単!」とは言えないけれど、ちょっと手間をかけたり縫い方に注意をすればできることばかり。ぜひ作品づくりの参考にしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

あなたにおすすめ!

簡単きれい! 布の角をスッキリ仕上げる「額縁仕立て」の方法

ランチクロスなど四角い布、角の処理はどうしていますか? 一辺を三つ折りにして、さらにもう一辺を三つ折りにしますよね。もちろんこれでもいいのですが、布が重なり生地が厚くなるため、縫い目がガタガタになったり、洗濯した時にそこ…

洋裁のプロが教えます。厚手生地へボタンをきれいに付けるコツ

この時期に大活躍のコート。何度も脱ぎ着していると、ボタンが取れそうになってしまうことも!でも、厚手の生地にボタンをつける方法って知っていますか? ボタンをはめやすいように、ボタンと生地の間に糸足というすき間を作るんです。…

知っていますか? ブローチのピンが外れても落ちなくする方法

お手持ちのピアスキャッチを使ったブローチの落下防止方法をご紹介します。100均のシリコンのキャッチでもOKです。お気に入りのブローチがいつの間にか外れてなくなっている経験はありませんか?ブローチを洋服やバッグにつけている…

もうイライラしない!針糸通しのコツまとめ

普段ちょっと縫いものをする時に、針に糸が通らなくってイライラしてしまうことはありませんか? 小さな針穴に糸を通すのって思いの外大変ですよね。今回は、身近なものでできるちょっと驚きのアイデアから便利な糸通しグッズまで糸を通…

編み物のプロに聞きました。初心者が覚えておきたいキレイに編める5つのコツ

最近のジャンボニットやズパゲッティ人気で、編み物が再びブームになっています。せっかく編むならきれいな編み目にあこがれますが、そうは言ってもなかなか難しいですよね。初心者でもきれいに編めるコツってあるんでしょうか? 編み物…

もっと見る

新着記事はこちら

【余り素材でDIY】ペットボトルキャップで簡単! ミニチュア麦わら帽子の作り方

本物そっくりのミニチュア小物って、飾ってもアクセサリーにしても、とてもかわいいですよね。今回は、ペットボトルのキャップと麻ひもで簡単にできる、小さな麦わら帽子の作り方をご紹介します。中にマグネットを入れて使えるようにアレ…

【簡単手作り】子どもに大人気! 楽しい手袋シアターの作り方(みにくいアヒルの子)

保育園や幼稚園の先生がよく披露してくれる手袋シアター。立体的な分、絵本の読み聞かせより臨場感があり、子どもたちに大人気です。今回はフェルトを使って簡単にできるみにくいアヒルの子の作り方をご紹介します。ママ特製の手袋シアタ…

ハンドタオルがお食事エプロンに! かんたん便利なマルチクリップの作り方

マルチクリップってご存知ですか? 文字通り、マルチに使えて便利なゴムひもクリップのことです。例えば外出先で、お子さんのお食事エプロンの用意がなくて困ったことはありませんか? そんな時マルチクリップがあれば、ハンドタオルに…